自分に合った方法で、人生や運勢を占いましょう

行動を見直す

如何なるものも再チャレンジ機会が何度でも訪れる

2015年の新しい年が明け、新たな運勢が開ける、本格的な時期に入ってきた。春の芽吹きと言われるように、運勢がその力を出し始める時節が到来した。2015年は、経済再生の正念場の年でもあり、この様に上昇を目指すムードが作られつつある場合い、その流れに乗るのも又、得策である。 2015年は、世界的にも注目を浴びている年でもある。其々の捉え方の違いはあるが、2015年が先の大戦後70年の節目の年であり、其々記念すべき大きな催しが計画されているようである。 今年が運勢を決める大切な年になると言う想いは、前後70年の記念すべき時期を向かえ、過去の事例を含めてどの様に解釈し、どの様に捉え、これから先の時代のお互いの成長の糧にしていけるかでその後の運勢も決まる。

運、不運は、その人の内面に要因あり

大自然の仕組みは、1年と言う周期で、生命の営みの循環を見事に手助けしていく様に構築されている。 つまるところ、万物公平に、新たなる生命エネルギーの活動の機会を齎してくれている。そのエネルギーをどの様に使うかは、其々に任されていると言う事だ。 2015年に授かったこの新たなエネルギーを運勢の源と言ってもよいと思う。今年も色々な事に遭遇していくであろうが、その事を、どの様に心の奥底で受止め、どの様に解釈し、自らの成長のエネルギーに転換していけるかどうかが、運勢の鍵を握っている。 表面的な感情に惑わされ、否定的、破壊的な行動に結びつけるような事が無いように、細心の注意を払って、自らの選択を決断していかなくてはなるまい。