自分に合った方法で、人生や運勢を占いましょう

占いの種類

様々な種類の占いの取り組み

人間はしたたかなようで、やはりどこか弱い生き物です。迷いが多く、なかなか決断できないという人も多いのは事実です。 年頭に初詣に行きおみくじをひくなどはそのよい例です。信じる信じないは別として、ひいてしまったおみくじに大吉がでれば、いい気分ですし、凶が出たら、どこか気持ちが落ち込みます。そして、それらのおみくじに書かれた運勢などがどこか心に引っ掛かるものです。 おみくじ以外にもその年の運勢を占う方法は様々です。2015年の運勢を調べる方法は様々な種類のインターネットからや毎年発行されている易断の書物からもできます。 生年月日や姓名の字の画数などからの判断もあります。ネットの画面からキーワードの文字や数字を入力することで2015年の運勢結果が簡単にわかり自分に吉か凶かの判断の助けになります。

占いなどで運勢を利用する方法

2015年はどんな1年にしよう、どんな1年になりそうだ、そんな計画を立てるのも年頭行事です。就活、婚活などの経験を繰り返すと、自分の人生の岐路の判断のタイミングが何度も何度もやってきます。そのたびに運勢に頼る必要はありませんが、相性がいいとか悪いとかの判断も少なからず、観てしまうものです。また、この日は吉日だとか、仏滅だとか、縁起をかつぐことも日本人は多いです。ラッキーな方角やこの日の運など、ここぞというときは見るものです。 2015年の今年はどうだろうという大まかな自分の運勢を知って入れば、何月ごろに気合を入れようとか、この月はおとなしくしておこう、また、この月は健康に注意しようなど自分の生活のメリハリにもなります。